動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

SBS(静岡放送) 中部・東海地方

約24年ぶり 1.5倍台を回復 静岡県内 4月の有効求人倍率

投稿日:



4月の県内の有効求人倍率は1.51倍でバブル崩壊の直後以来24年11カ月ぶりに1.5倍台を回復しました。静岡労働局は県内の雇用情勢は「引き続き改善が進んでいる」として判断を据え置きました。
 静岡労働局によりますと4月の県内の有効求人数は7万5136人で、有効求職者数は4万9665人でした。これにより、有効求人倍率は前の月を0.04ポイント上回る1.51倍となりバブル崩壊の直後以来24年11カ月ぶりに1.5倍台の水準を回復しました。特に、製造業や建設業で新規の求人が増え続けていて宿泊・飲食業も7カ月ぶりに増加しました。
 静岡労働局は「新規求人の動きが非常に力強く求職者数は低下が続いていることから、雇用情勢は今後も改善が進んでいく」と分析しています。

-SBS(静岡放送), 中部・東海地方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA