動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

HOKKAIDO UHBニュース 北海道

“電線”だけじゃない “銅線””アルミ”1トンも盗難 連続”金属泥棒” 転売目的か? 北海道滝川市 (17/06/22 19:08)

投稿日:



転売目的なのでしょうか。電線など金属類の盗難が相次いでいます。  北海道滝川市周辺で、6月に入り、電柱に張られていた電線が相次いで盗まれていることが分かりました。警察は連続窃盗事件として捜査しています。  記者:「電柱と電柱の間の電線がなくなっています。さらにこちらの電柱には切られた電線がぶら下がっています。」  電線が無くなっていたのは、滝川市江部乙町にある電柱です。  6月21日、付近の住民から「電線が無くなっている」などと通報がありました。  警察によりますと、電柱に張られた長さ約1キロ分の電線が無くなっていました。  さらに、被害はこれだけにとどまりません。  被害者:「午前8時前に、門のところに来たら鍵が壊れていた。人が来たら反応するはずのセンサーも、スイッチが切られていた。案外心得がある」  新たな被害がわかったのは、滝川市北滝の川にある廃材会社の敷地内です。  21日夕方から22日朝にかけ、敷地内に保管されていた銅線やアルミサッシなど合わせて約1トンの金属が盗まれました。  被害にあった男性によりますと、被害総額は約30万円にのぼるということです。  被害者:「4トン車くらいないと(運搬は)無理かな。警察も(犯行は)2、3人ではないかと。それでも小一時間はかかるだろうね。下見もしていたかもしれない」  6月6日、新十津川町で電線が盗まれているのが見つかって以降、半径8キロ以内で、22日朝までに、少なくとも5件の被害が発生しています。  電線の長さなどからすると、警察は、複数の人間がトラックなどを使用し、犯行に及んだ可能性があるとみています。  また、電線の窃盗事件をめぐっては、今回の現場から約20キロほど離れた、北竜町のひまわり畑で、2015年と2016年、同様の被害が相次ぎ、合わせて約650メートルの電線が盗まれ、被害総額は約140万円にのぼります。  警察は、過去の事件との関連を調べるとともに、電線に使われている金属を狙った、連続窃盗事件として捜査しています。

-HOKKAIDO UHBニュース, 北海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA