動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

SBS(静岡放送) 中部・東海地方

湖西市の贈収賄事件 元職員に有罪判決

投稿日:



湖西市発注の下水道工事をめぐる贈収賄事件で、収賄の罪に問われていた市の元職員に静岡地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは湖西市の元職員(32)と、建設会社「山開発」の元専務(43)です。判決によりますと、元職員は下水道課の副主任だった2015年から2016年にかけて「山開発」が落札した下水道工事を有利に取り計らった見返りとして、元専務から自宅の外構工事を無償で施工してもらいました。静岡地裁で開かれた6月23日の判決公判で肥田薫裁判官は元専務に懲役10ヶ月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。また元職員については「公務員の立場でありながら、賄賂を安易に受け取った。市民の信頼を裏切る行為」と指摘し懲役1年2ヶ月、執行猶予3年、追徴金約160万円の判決を言い渡しました。

-SBS(静岡放送), 中部・東海地方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA