動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

HOKKAIDO UHBニュース 北海道

なぜ? 根室市長 急きょ”メンバー外れる” 初の共同経済活動調査団 国後島へ 北海道 (17/06/27 19:45)

投稿日:



北方四島での日ロ共同経済活動を実現するため、官民による初の調査団が、北海道根室市の根室港を出発しました。  一方、同行予定だった根室市長が急きょ参加できなくなる事態も…。波乱の船出の行方は? 。  旭川医科大学 吉田晃敏学長:「北方四島の医療対策を、しっかりと(ロシア側と一緒に)考えてきます」  6月27日朝、政府関係者や32の民間企業・団体から69人を乗せて出航した、官民による初の調査団。  共同経済活動は漁業や医療、観光分野など双方の法的立場を害さない形での協力を目指すもので、北海道のコンビニや、ホテル業者などが四島の持つ可能性に希望を抱き参加しました。  セコマ 丸谷智保社長:「うちの商品を向こうに出せればいいな」  加森観光 加森公人社長:「4島の特徴を生かすことが私たちの仕事の第一歩ではないか」  高まるビジネスへの期待。さらに、2016年からサケ・マス流し網漁が禁止となり、水揚げの減少に苦しむ地元根室からも切実な声が…  根室水産協会 廣田秀樹理事:「この状況を緩和できる糸口がつかめれば」  根室湾中部漁業協同組合 高橋敏二組合長:「(今回の調査で北方四島での操業に)風穴が開いてもらえれば」  一方、出発直前で急きょ参加できなくなったのは…。  根室市 長谷川俊輔市長:「非常に残念だ」  これまで、北方領土返還運動を引っ張ってきただけに、無念をにじませた長谷川俊輔市長です。  26日、外務省から参加できないとの説明を受け、調査団長に親書を託しました。想定外の事態に地元も…。  根室市議会北方領土対策特別委員会 永洞均委員長:「市議会として容認できない。外務省なり、内閣府なりに抗議に行くことになった」  波乱の船出となった官民調査団。7月1日まで国後、択捉、色丹島の水産加工場など40か所ほどを視察する予定です。

-HOKKAIDO UHBニュース, 北海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA