動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

HOKKAIDO UHBニュース 北海道

札幌かに本家 看板落下事故 「注意喚起していれば防げた」控訴棄却 札幌高裁 (17/06/29 19:11)

投稿日:



2015年に札幌市中央区で「札幌かに本家」の看板の部品が落下し、女性が重体となった事故の控訴審で、札幌高裁は6月29日、被告側の控訴を棄却しました。  この事故は2015年2月、札幌市中央区の「札幌かに本家」で看板の部品が落下し、女性(当時21)が意識不明の重体となったもので、店の管理責任者だった加藤昇被告(45)が、業務上過失傷害の罪に問われています。  一審では、事故の前に別の部品が落下していて、事故は予見できたとして、罰金40万円の有罪判決を言い渡していましたが、被告側が控訴していました。  29日の裁判で被告の弁護人は、「事故は完全に予見可能だったとは言えない」として無罪を主張しましたが、札幌高裁の高橋徹裁判長は、「注意喚起をしていれば事故は防げた」として、控訴を棄却しました。

-HOKKAIDO UHBニュース, 北海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA