動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

SBS(静岡放送) 中部・東海地方

老人ホーム入所希望者 9年ぶり低水準も 依然厳しく

投稿日:



こちらは県内で特別養護老人ホームに入所を希望する高齢者の人数です。9年ぶりに1万人を下回り、2005年に県が調査を始めてから過去最少となりました。ただ、制度の変更でホームに入所できる人が制限された背景もあり依然、厳しい状況が続いています。
 県が県内の特別養護老人ホーム約300カ所を調査したところ、2017年1月1日の時点で入所を希望する高齢者の人数は2016年より1793人少ない8695人でした。このうち、県の指針で入所の必要性が高いとされる介護度が高かったり、一人暮らしであったりする待機者は2016年より422人少ない753人でした。希望者が減った理由は施設の定員が増えたこと、在宅サービスが充実したことなどが挙げられます。しかし、2015年4月の介護保険法の改正で、特別養護老人ホームの入所対象者が原則「要介護3以上」の人に限定されたことも理由の一つです。県は、2017年度、施設の定員を1221人分増やすなど今後も対応を図っていく予定ですが、介護を必要とする人はそれを上回るペースで増えると予想され依然、厳しい状況が続くとみられています。

-SBS(静岡放送), 中部・東海地方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA