動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

SBS(静岡放送) 中部・東海地方

台風3号 4日夜遅くに県内最接近 急な強い雨や風、落雷に注意

投稿日:



7月4日朝、九州に上陸した台風3号は、これから西日本や東日本の太平洋側を進み4日夜、県内に最も接近する見込みです。強風や高波、急な強い雨や落雷に注意が必要です。
 台風3号は、午前11時には大分市付近にあって1時間におよそ50キロの速さで東北東に進んでいるとみられます。今後、台風は太平洋側を進み、4日午後9時には浜松市の南およそ60キロに達し、県内には今夜遅くにかけて最も接近するとみられます。今後の雨・風の予想です。県内では、夕方から雨が降り出し日付が変わる頃にかけて雷を伴った激しい雨の降る所がある見込みです。また、台風に接近に伴い沿岸部では、急に風が強まり、海はうねりを伴いしける予想です。下田市では、レジャーで船を出そうとしていた人が出港をあきらめ、漁船も港につながれ台風の接近に備えていました。気象台によりますと県内では、夜遅くにかけて1時間に40ミリの激しい雨の降る所がある見込みで、24時間の雨量は多い所で100ミリの予想です。4日夜遅くにかけて台風3号の動きに注意が必要です。

-SBS(静岡放送), 中部・東海地方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA