動画ニュース(地域)

報道各社の公式ニュース動画を掲載しています

SBS(静岡放送) 中部・東海地方

静岡県内の8地点で“猛暑日” 体温並みまで気温上昇も

投稿日:



逃げ場のない暑さに参ったという方も多かったのではないでしょうか?8月9日の県内は朝から気温が上昇し、県西部を中心に8地点で35℃を超える猛暑日となりました。
 最高気温が36℃に達し、ほぼヒトの体温くらいまで温度が上昇した浜松市。
 9日の県内は南から暖かく湿った空気が入り込み、朝から強い日差しが降り注いだため、浜松市天竜区で36.8℃、川根本町で36.5℃、菊川牧之原で36.1℃を観測するなど、8つの地点で猛暑日となりました。
 35.6℃まで気温が上昇した三島市の源兵衛川で、は子どもたちが冷たい水で暑さをしのいでいました。この涼しい場所でも付き添いの保護者たちは、暑さ対策に余念がありません。
 こちらの女性は、保冷剤が入ったタオルを首元にあてて、暑さをしのいでいました。
 沼津市のあわしまマリンパークでは、流しそうめんならぬ流しアジを食べるケープペンギンが人気です。この人気者を暑さから守るためペンギンの展示スペースには霧状の水が出るミストを設置したほか、直射日光を遮るすだれ付きの部屋を用意しました。
 9日は県内で14人が熱中症の疑いで搬送されていて、静岡地方気象台は健康管理に注意を呼び掛けています。

-SBS(静岡放送), 中部・東海地方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA